読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きぽニズム

きぽんという人が書いています。きぽんキポンkipon

金融界のおじちゃんから、新社会人に向けてのメッセージ。

日記 おしごと

 今日は金融界を長きに渡って見続けてきたおじちゃんから新社会人へのアドバイスをいただいた。胸にくるものがあったので感動を忘れないうちに書き記しておこうと思う。

 各方面への事情を鑑み、かなり一般化してある。また一般化に当たっては、自分が普段考えていることを混ぜながら書いているので了解されたい。

〇仕事について

・「お客様のお客様」を考える

 例えば取引先が大企業であれば、案件の担当者が自分にとってのお客様である。
しかし、そのお客様だってサラリーマン、すなわち雇われて上司のもとで働いているわけだ。そんなお客様は上司に対して自分が抱えているプロジェクトについて説明しなければならない。つまりこの場合、「お客様のお客様」とは「お客様の上司」である。
 ならば自分はどのように行動すればお客様と良い関係を築けるだろうか?それには、お客様が上司を説得できるストーリー、理由付けを描けばよい。相手の脳の状態を考えることが関係構築に繋がり、自分の身を助けることになる。

〇金融・経済の勉強について

・なぜやるのか?
 将来本部で相手にするお客様は日夜勉強している。その方々に有益な情報を提供しなければ相手にしてもらえない。
 体力もあり失敗も許される若手のうちはよいが、年齢を重ねるとそれまで勉強する時間があった分評価は厳しくなる。
 特に役員は外に出て会合を行う立場であるから、こうした能力は不可欠である。

 

・どうやるのか?

 アウトプット。やり方は二種類あり、「書く」と、「話す」。
 「書く」→レジュメ作り。これは、と思う新書のあらすじを構成を意識しながらまとめる。(1)、イ、ロ、ハとやっていく。必ずしも完全な文章の形で書く必要はない。
 「話す」→何人かで特定の本を2週間ほどかけて読み、その後不明点を議論

 

・どの時代の経済も完璧に説明できる理論など存在しない
 学生時代は近代経済学中心で高尚なことをやった気分になるが、現実の経済はそう簡単に説明できない。

 

※脱線
 この話で私はケインズを思い出した。ケインズは、どの時代の経済も完全に説明できるモデルを構築しようとしたのではなく、当時の大恐慌に対して1回きりでもよいから解決策を提示しようと理論を展開したと言われている。(『経済数学の直観的方法』に書いてあった気が...)
 これは一見その場凌ぎの考え方にも思われる。しかし、経済は所詮人間の活動に過ぎない。ケインズの姿勢は、壮大な理論を打ち立てるよりも遥かに経済や人間に対して真摯な姿勢なのかもしれない。

 

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)

 

 

〇趣味について

・引き出しを作る

 たった22年しか生きていないのだから、「やったことがない」と尻込みしたり先入観を持ったりするのはもったいなさすぎる。若い時に作った引き出しは必ず人生を豊かにする。

◎話を受けて

 人生の先達に激励され、自分の中で消えそうだった炎がまた灯されるのを感じた。

 でもまああまり張り切りすぎるのもよくないので、

・二週間に一冊経済系の本を読み、レジュメ作成(できれば毎週にしたい...)
・週に一回は体を動かす(テニス、ジム)

 この二点を意識して活動していきたいな。

 レジュメの方はできればここに上げていきます、できればですが...

 息切れしないようにつらつらやっていきましょう。

 

 最近Dinosaur Jr. が自分の中でキテいるので貼っておきます。イエーイ。

www.youtube.com

大学時代に聞いておきたい音楽【マイナーなバンド編】

音楽

スカしたタイトルですが、私が大学時代に聞いて「アッ、ええなァ...青春だなァ...」と感じた音楽をひたすら貼っていくエントリです。まずはマイナーバンド編。「それはマイナーじゃない」といったご意見もあるかと思いますが大目に見てやってください。

 

THE PINBALLS

www.youtube.com

文句なしにボーカルがかっこいい。高校時代にブランキーをよく聞いていたので余計に沁みます。

 

Helsinki Lambda Club

www.youtube.com

PVはふざけてますが音楽は本物です。大学2年の時に見つけていたので、最近有名になってきて嬉しい。

 

The Whoops

www.youtube.com

湘南新宿ラインのテーマ」なんて、B級感が最高じゃないですか。これを聞きながら青春18きっぷで旅行がしたくなる一曲。

 

ミツメ

www.youtube.com

友人から勧められて聞いたバンド。PVの昭和感がすごい。こんな時代に生きたことはないんだけれど、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれる良曲。

 

ナードマグネット

www.youtube.com

PVでは、メンバーが有名な洋楽ロックバンドのジャケットを1枚ずつ再現していきます。こんなに歌詞や音楽が実直なバンドは最近なかなか見ない気がします。自然体でカッコつけてないところがカッコいい。

 

never young beach

www.youtube.com

youtubeの再生回数が100万回を超えててビビりました。やっぱり声が素敵。高い声全盛の世の中なので是非バンバン売れてほしい。

 

And Summer Club

www.youtube.com

大変失礼ながらビジュアルの破壊力が強すぎる。しかしそれを上回る轟音。こういうやつらの音楽が聴きたいんですよね...

 

マイナーバンド編は以上になります。このページを見てくれた方、ぜひぜひ聞いてみてくださいね!

民主主義と多数決の違いと、社会的選択理論

経済学 社会的選択理論

巷では「多数決で決めるのは民主主義じゃない!」とか、「民主主義は多数決だろバーカw」といった論争が盛んなようだ。特にここ2~3年は特定秘密保護法案やら、Sealdsやら(死語か?)、イギリスのEU離脱やら、トランプ大統領の誕生やら、「民主主義」とか「多数決」といった言葉が世間を賑わせていたイメージがある。

そこで、自分の考えを忘れないように私見を記しておきたいと思う。

 

私は両者の違いは民主主義は「理念」であり、多数決は「関数」であることだと思っている。

 

そもそも民主主義とはなんだろうか。

民主主義は、「主義」というからには何かの「理念」である。どんな理念かというと、「みんなのことはみんなで決めよう」という理念である。これを堅く言うと、「統治者と被治者との同一性」だ。自分たちが選んだのでもない王様に支配されるのは納得いかない。自分たちのことは自分たちでルールを決めてやっていこう。

これが民主主義の理念である。

 

一方、多数決とはなんだろうか。
これは、「決め方」である。もっと詳しく言うと、「いくつかの選択肢の中から、各人が1番良いと思うものを1つ選び、最も多く票を集めた選択肢をみんなの決定とする」決め方である。長い。

決め方とは箱、「関数」である。
関数には、インプットとアウトプットがある。一人一票を持ち、各人が自分の好みを投票用紙に書いて箱にぶち込む(インプット)。すると、一番票を獲得した選択肢が自動的に出てくる(アウトプット)。実際、多数決の票を集計するのは単なる機械的な作業である。個人の意志が入り込む余地はない。


そもそも民主主義は「理念」であり、多数決は「関数」だ。

この二つはどうやったって等式で結ぶことはできない。「民主主義=多数決」というのは「100m=100kg」とやっているようなものなのである。

すなわち、「民主主義は多数決である」という文は、意味をなさないのではないかと思うのだ。

 


〇補足:多数決以外のものの決め方

多数決の説明で「各人が1番良いと思うものを1つ選ぶ」という点を挙げた。

当たり前のことかもしれないが、選挙の投票用紙には1つにしか〇を書き込むことはできない。ということは、個人が選択肢に「1番はこれ、2番はあれ...」と順位付けしたとすると、2番以下は選挙結果に全く反映されない。

多数決とは「1番に1点、2番以下に0点を付ける」ものの決め方なのだ。

 

では、例えば「1番に3点、2番に2点、3番に1点を付ける」決め方もあるのではないだろうか。実はそんなルールは「ボルダルール」と呼ばれており、中欧スロベニア共和国の国政選挙の一部で用いられている。

つまり、多数決とは沢山ある決め方の1つに過ぎないのだ!

こんな決め方について分析する学問を、「社会的選択理論」という。

 

ここでこのような反論があるかもしれない。
「いやいや、多数決とボルダルールって、結局投票でもの決めてるやん!なんか違うの?」

実は全く違うものであり、それは数学的に証明されている。多数決は多数派"すら"尊重しないことがあるというのはあまり知られていない事実なのではないだろうか。

そんな「多数決以外のものの決め方」が気になったら、この本を読むことをお薦めする。

 

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

「決め方」の経済学―――「みんなの意見のまとめ方」を科学する

 

 

今のロックに飽きたやつはTHE PINBALLSを聞け!

音楽

f:id:kipon16g:20170201035407p:plain

 

みなさん the pinballs というバンドをご存知だろうか。

 

とにかくかっこいい。聞けばわかるからまず聞いてみてほしい。
特に昨今の「高い声でダンスっぽいビート刻んでおけばおk」みたいなバンドが好きな人と、それに飽き飽きしている人に、聞いてほしい。
本当は道行く人全員にイヤホン突っ込んで聞かせて回りたいのだがそんなことをすると捕まってしまうので、これを書くことで満足することにする。

 

www.youtube.com

 

この濃厚なギターサウンドと、ヨーロッパの旧市街を彷彿とさせる(わかってくれ)破滅的な歌詞。
君も感じるはずだ。感じなければ人間ではない。

まずイントロからなんだか不吉な感じがする。そして一気に食い気味でリフが畳みかけ、pinballsの世界に引き込まれる。

ギターを弾いたことがない人でもこんなフレーズを弾きたくなるだろう。

 

歌詞も忘れちゃいけない。

なだらかな丘ではなく
切り立った崖に噛みついて
そして転げ落ちるだけ

 

牙を捨て並べられ
剥製のように生きるよりは
いっそ死んだほうがまし

 

この二つのサビ前の歌詞の絶望感と臨死感は半端ない。特に安穏と日々を過ごしている大学生にはぐさっと来るんじゃないだろうか。いや来てほしい。

 

こんなゴリゴリの曲もあるかと思えば、ちょっとポップな曲もある。

 

www.youtube.com


それでも歌詞のpinballs節は健在で、

神様と並ぶには小さすぎる体で
風に吹かれよう
震えながら歩こうぜ

 

なんて粋なことを言ってくれる。

結構日本語ロックの歌詞は「俺はやれる!」or「全てが虚しい」or「意味不明」とはっきり分かれがちなので、自分の存在の小ささを肯定的にとらえて、だからこそ死ぬ気でやっていこうよっていう感じは最高にかっこいい。

 

最後に多分どうしても彼らのことをブランキーやミッシェルの焼き直しだという人がいるので、決定的な違いを突きつけておきたい。

 

それは、pinballsはゴリゴリロックに変な歌詞だけど、圧倒的にオシャレだってことだ。

 

ブランキーもミッシェルも、絶対に嫌いな人は存在する。

「うわ、声高すぎてキモ」とか「ガラガラ声ちょっと無理」とか「ディズニーランドに行くやつ気が狂ってるとかお前の方が気狂ってんだろ」とか、そういうやつだ。

でもpinballsには微塵もそんなところがない。収まるべきところに収まっている。

だけどブランキーやミッシェルに劣らず自分たちの世界ははっきりしている。楽曲の統一感がそれを物語っている。

 

歌詞よし、メロディよし、ビジュアルよしの骨太ロックバンド。
こんなバンドが売れることを切に願う。

「メイの定理」: "2択では" 多数決は有用なルール

経済学 社会的選択理論

 つい最近「アマルティア・セン 経済学と倫理学」(鈴村・後藤)の輪読を友人と始めました。以前から気になっていた「メイの定理」の存在意義がようやく分かったので記録しておきます。

 

アマルティア・セン―経済学と倫理学

アマルティア・セン―経済学と倫理学

 

 

ーーーーーー

 メイの定理とは、ざっくり言うと

「個人の選好関係が完備性・反射性・推移性を満たす(選好順序である)とき、

単純多数決ルールは、
①広範性 ②匿名性 ③中立性 ④正の感応性
を全て満たす唯一のルールである」というものである。

 

 それぞれの公理を簡単に説明する。
①広範性:
各個人は論理的に可能ならどんな選好順序を持ってもよいという性質である。

②匿名性:
誰が選好を持っているかは結果に関わりないという性質である。

③中立性:
選択肢の名称は結果に関わりないという性質である。

④正の感応性:
Aという個人的選好の集まりを集計した時にxをy「以上に」社会的に好んでいるとする。
Bという別の個人的選好の集まりで、誰もAの場合と比べてxを不遇にしておらず、かつある1人はxを優遇する選好に変えていれば、Bではxをyよりも厳密に社会的に好む、という性質である。

 

 ここで注意すべきなのが、「単純多数決ルール」の定義である。多数決というと、クラスの学級委員決めや小選挙区の投票のような


「沢山の選択肢の中から一番自分が好むものを申告する

→その中で最も多くの票を獲得した候補を社会的な決定とする」

 

ルールを思い描きがちだ。しかし、メイの定理においては

 

「沢山の選択肢の中から二つを取り出し、その二つについて自分が好むものを申告する

→その中で一方より多くの票を獲得した候補を社会的な決定とする」

 

というスタイルの多数決が想定されている。前者の私たちがよく使っている多数決は「比較多数決による単記投票法」と呼ばれ、後者こそが「単純多数決」と呼ばれる。

 

 要は、選択肢集合Xには選択肢x,y,z,wどれも含まれているかもしれないが、今回は「xとy」や「zとw」についてのみ社会的な優劣関係を決める、ということだ。

 

 自分はここを前者の意味の多数決と捉えてしまっていたので、「3択以上でも多数決ルールはよい点をもっているのか」と誤解してしまった。しかしなんのことはない、「2択なら多数決は有用な制度ですよ」というのがこの定理のメインメッセージであった。

 

 もちろん3択以上なら、「比較多数決による単記投票法」ではサイクルが発生するおそれがあり(=社会的意思決定が推移性を満たさない)、よくできたルールとは言い難い。これは次回以降の輪読で扱っていくだろう。

ーーーーーー

 しかしここまで書いてきて鈴村さんの表現力の高さに本当に感服しました。定理を記号を用いずにしかも文章で説明することがここまで大変なこととは。

 やはり難しいことは難しい表現を使わないと正確には表現できないのですね。集合論の勉強頑張りましょう。

10月15日

日記

 今日は特に書くことがないので日記を書くことにする。

 

 毎週土曜日の朝はゼミの友人と筋トレをすることになっている。これは総合商社に就職された先輩の慣習を受け継ぎ、体を鍛えていこうやというイベントである。去年は先輩を含めて4人いた「筋トレ部」も、今では同期2人になってしまった。3年生の勧誘が目下の課題だ。

 

 私は腹筋がとても苦手なのだが、最近はまともにできるようになってきて成長を感じている。具体的な回数は差し控える。胸筋・背筋のトレーニングも普段より1~2個おもりを増やし、負荷をかけてできるようになってきた。同期にも褒められよい気分だ。

 

 トレーニング後はいつものように気休めのプロテインバーと豆乳を買って公園で食べるのだが、私は豆乳が苦手なのでヨーグルトドリンクを買う。とにかく今日は充実したトレーニングができた。

 

 午後はサークルの友人とゲーム理論の勉強会をやった。テキストは「非協力ゲーム理論」(グレーヴァ香子)で、今日は第8章「均衡の精緻化」を扱った。かなりしんどくて証明はほぼ飛ばし気味、わからないことが再確認できたという感じだった。

 

 

非協力ゲーム理論 (数理経済学叢書)

非協力ゲーム理論 (数理経済学叢書)

 

 

 

 ただ友人が話してくれた統計的意思決定の話は面白かった。あるデータをもとに何らかの判断(母平均の推定とか仮説検定とか)を行うとき、どの判断基準(平均の話なら算術平均・加重平均...)を用いるのがよいかを導き出す手法らしい。「真の値とのずれの期待値」をリスクと定義し、リスクが最小になる判断基準で判断すべきだとする。ゲーム理論風に言えば、データをの分布を相手の戦略と捉え、リスクを利得関数と捉えるわけだ。

 

 この統計的意思決定と、混合戦略ナッシュ均衡とが同値になるらしい。その重要性があまり理解できていないのだけれど、理論の勉強をしているとどうやって使えばよいのかよくわからなくなってくるので、小話で少し気分が晴れた。

はじめまして

はじめまして

きぽんと申します。

都内で大学生やってます。来年の4月から会社員です。

 

最近自分の考えたことを文章にするのは大切なことなんじゃないのかと思い始め、練習のためにブログでも書いてみようと思い立ちました。

 

何を書くかは決めていませんが、多分勉強のことや読んだ本のことや音楽のことを書いていくのでしょう。続けられるようにがんばります。